高額査定を得るために

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

オンライン査定サービスの活用を通じ、業者側が最初に提示した概算査定を最終的に下回らず、より満足の金額での現金化を叶えるには、いくつかの「鍵」となるポイントが存在します。これらを正しく理解から的確に実践する重要性を、以下にご紹介しますので参考にして下さい。

まずは買取業者側としては、少しでも安価で在庫となるバイクを確保したくて当然ですが、提示査定額が多店と比較して低ければ、オーナーとの折衝の権利をキープ出来ません。まして査定に際しての資料は、ネットを通じた数値的なデータに限定されるため、いざ現物をプロの目で厳しくチェックした場合、当初の査定額を下回らざるを得ない展開が少なくありません。だからこそ売却対象となるバイクを、どのような状態で査定してもらうのか、いわば「見せ方」が重要となります。

汚れは綺麗に落とし、隅々まで手入れしておくなど、オーナー自身の手で可能な限りベストな状態に仕上げた上で、現場の査定担当者との折衝に臨む姿勢が欠かせません。「どうせ向こうで手入れするのだから」と、埃まみれやタイヤの空気が極端に減った状態のままで査定に臨んだ場合、やはり相手も感情を有する人間である以上、負の印象が最終査定額に影響し兼ねません。入口はオンラインサービスでも、最終的には「人対人」である点が見過ごせません。